過去は自由だった八尾の出会い

山のようですので、過去など。

聞こえない限り話さないで

有る。迷惑なので。

私が話していても

よくやりたい

八尾の出会い捨てられます。

きちんとは言いません

よく分かりません。

八尾の出会い私は悲しい人です

思い出も気にしない。

八尾の出会い私は今それを見るだけです。

良い思い出がたくさん

ありますが、私は慎重に考えなければなりません

覚えていません。

八尾の出会い悲しみに変わるのを恐れる

今しか見えないかな。

よくわかりません。

どんな日記でも書ける気がします。
「海が見たい」
時々海を見たいです。

ある意味怖いです

広くて広い海を見れば

自分を小さく見せる

さまざまな悩みが馬鹿げています。

一気に元気な気分

私の猫の一人、

海という名前の子供がいます。

大きいので名前をつけました。

海は広くて広い〜

一緒に見に行きたいです。

なんて。
真夜中に会いましょう

私は早く寝て、夜は目を開けます

そして多くの。

今回は誰も起きていない。

まだ3時です。

もう眠れません。

だから私は日記を書きます。

これが将来起こることを望みます

物事について書きます。

私の希望は

原原さんの夫のモーラはおさまりました、

束縛されたものから私を解放する

自由に動き回れるようにしたいです。

八尾の出会いたとえば、友達に会うために

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です