大阪での私は出会いから逃れられない

大阪は最近それをしていません…
寝ない習慣を逃れられない。

気に入らなければ
大阪は思い出の中で逃げ出し、片付けに時間を費やしていました。

真夜中に走っている人と同じだと思います…
違います。

お酒が飲めない
文句を言うと、あなたは現実を許すことができません
考えていた時の癖。

当時の私とは違う自由

眠くなったら寝よう。

“大阪”
会話を続けることの難しさ、
適当だとは思いません。

そんな叔母になってから友達を作るのは難しいのでは?と思ったのですが、少し期待しました
感じる…

まあ、大丈夫だと思うこともあります。
想像以上に期待していたのも悪くない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です