出会いに役立つ何かを大阪でした

加害者だけでなく、上司、親会社、それに注文者…
彼らの運命を握っているのは「彼」です。
だから出会いは、ずさんな、または押しつぶされた高圧的な態度を取ることによって、心を変えようと熱望しています。
つづく…
出会いの後、帰りの電車で。

疲れましたが、「働き手」のような気分で、のんびりしたくありません。

どういうわけか、家に帰った後、私が私生活で役立つ何かをした後、一日を終えたいです。

私にとって、仕事は最低額のお金を稼ぐための唯一の方法であり、私はそれが生きる価値があるとは感じていません(私は自分の仕事を適切に行っていますが)。

ですから、「疲労」という生理現象に誘惑されたくありません。
私は出会いの女性と同じです。

あなたは有毒な女の子です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です