出会いを快適に大阪ですることを試みていました

出会いがそれを期待するのではなく、その方向に導いていたのは確かです。
まるで彼のせいで仕事の出入りが禁止されたかのようです…
彼は自分のパワーハラスメントを彼に納得させ、混乱なしに快適に対処することを試みていました。
ただし、これは「そこ」に由来する現象であり、根本的な解決策ではありません。出会い」
たぶん、拾わないと育ち、「毒花」が咲くかもしれない、というのが「彼」の警鐘だったのかもしれません。
彼の周りの人々は「私は禁止されています、私は仕事ができません」と言いました。これは深刻な問題と見なされていたものですが、「彼」は本質的なコアが他の場所にあることに気付いたかもしれません。
奇妙な関係にも出会いしたい。この場合、「彼」は犠牲者だ。実際、彼は手による怪我で負傷しており、閉じられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です