大阪での色々なことを出会いは幻想でした

一人暮らしなので、普段部屋の照明はつけない。
私は大阪的に、食事、掃除、読書を除いて、薄暗い部屋にいます。

それだけです…
大阪で終わりです。
落ち着きます。
暖かい色のミニチュア電球が1つしかない薄暗い部屋。

しかし、このように電球の電灯と暗い天井を見上げるのは長い間幻想でした。

振り返ってみると、私は若い頃、暗い天井を見上げて色々なことを考えていました。
愛、友情、夢、憎しみに満ちた人々、人生について。

大阪、スマホを手にしたので、ベッドの天井を見上げる機会がなかったかもしれません。

それでも、LEDミニチュア電球には暖かさはありません。そのことについて考えるのはなんと夜でしょう。
「彼」はこれが起こることを期待しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です