大阪で永遠の出会いがありました

になる

大阪、彼女は
一生彼に会ったことがない
彼女の夫に会った後
私は彼を探しますが、一度だけ
彼の遺骨が到着した
「永遠の四日間」の写真集がありました
彼との純粋な愛のちょうど4日間

大阪の遺体は彼らが会ったローズマン橋から蒔かれたと言います

子供たちへの彼女の意志では、彼女の遺骨は
「私は彼に少なくとも体の残りの部分を与えたいです。」
散らばった

「大阪」は方言ではない
会ったときも聞こえない

遠くでも
お互いの気持ちがひとつになる
悲しくて静かな
彼らは愛され、一生愛されています。
あげたいものはあげたくない
サイトにこだわった男
あげたいものをあげたくない人が多い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です